性病は恥ずかしいことでも、おかしいことでもありません。人間が生活する上で性との関わりは切っても切れないものです。もしも不安を感じた場合はすぐに医師に相談しましょう。

性病になったら最初に疑うのはパートナー以外に銭湯も

性病は一般的に恋人や配偶者との性交渉でうつされると言われています。実際にそのパターンが殆どなのです。それ故にもし自分が性病にかかってしまった場合、最初に疑うのはパートナーの浮気や風俗通いなどを想像してしまうでしょうが、他にも原因は考えられます。実は銭湯を筆頭に、不特定多数が使用している公共の場所で感染するケースも少なくありません。

銭湯で性病になるのかと疑問に思う方はいるでしょうが、実際に感染する事もあります。銭湯やプール、スポーツクラブ、公共トイレなど誰でも使える施設でかかる事があります。性病を持っている方が使用したお風呂や椅子や便座などを使った場合、確率は低めですが感染する危険があると考えて良いでしょう。
長い間パートナーがいない・又は過去に一回も性交渉が無いのに感染してしまった場合、最初に原因を考えるのはこのケースが当てはまると言っても過言ではありません。

それなら銭湯は安心して通えないじゃないか!と思うでしょうが、普通の健康状態ならうつされる可能性は絶対にないとまで断言できなくとも感染確率は低めです。普通でない身体の状態というのは、女性の方なら生理中や妊娠中・出産直後など身体の免疫力が相当落ちていて性病だけではなく他の病気にもかかりやすくなるのです。
そのような状態ではないがそれでも不安と言う方は、銭湯を使用する時に自分なりの防衛方法や工夫をしてみましょう。感染率が高いとされている椅子に座る前にシャワーをかけて消毒する、誰でも使える施設のタオルを使わず自分のタオルを持参する(このタオルを椅子に敷くという方法もあります)などがあります。

銭湯以外だと公共トイレでは便座シートが設置されている所があるので、感染予防対策としてこれをこまめに使うことも大切です。

性病関連の記事