性病は恥ずかしいことでも、おかしいことでもありません。人間が生活する上で性との関わりは切っても切れないものです。もしも不安を感じた場合はすぐに医師に相談しましょう。

垂直感染を防ぐには妊娠前に薬剤師のいる所で性病検査

これから妊娠を希望している女性は、もし自分が性病にかかっている可能性があるのなら妊娠は遅らせる必要があります。病気にかかったまま妊娠してしまうと、垂直感染して胎児も性病を発症してしまう恐れがあります。母体に感染性の病気があると臍の緒などを通して、胎児に栄養と一緒に菌もまわってしまうようになります。これを垂直感染と言い感染してしまった胎児は流産や早産になったり、無事に生まれても体に先天性の異常が出ることがあるのです。梅毒・クラミジア感染症・細菌性膣炎・淋菌感染症など若い人でかかることの多い性病は、特に流産や早産のリスクが高くなります。

健康な状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊娠する前にクリニックで性病の検査を受診することをおすすめします。菌に感染してなる病気ですので、治療には殺菌効果のある抗生物質を処方してもらうようになります。スムーズに薬を出してもらうには、専門の薬剤師がいる薬局の併用されている大きなクリニックが良いです。大きなクリニックならたくさんの患者を診ているので、適切な治療をしてもらえます。感染した状態で妊娠すると、生まれた赤ちゃんには大きな負担です。垂直感染してしまって生まれた子どもは、心筋炎・肺炎・結膜炎・黄疸など、色々な症状を持ってしまっている傾向があります。

婦人科のクリニックの中には、医師の腕がきちんとしていなくて間違った治療がされることもあります。クリニックを選ぶ際には大きなクリニックであること、ベテランの医師がいることを確認しましょう。若手の医師ばかりだと経験が浅いですので、大きくても人材が若い人が中心の所は避けた方が安全です。ネットの口コミの評判など、参照にすると良いです。

性病関連の記事